深刻な小さい虫

作業着の男性

トコジラミ駆除の今後予測

昼間は室内の隙間などに潜んで、夜間になると活動を始めて人の血を吸う害虫であるトコジラミは、本来日本には生息していなかった昆虫でした。しかし海外との物流が活発になるにつれて日本に持ち込まれ、そのうちに定着してしまった昆虫です。特に明治以降は日本中に生息域を広げて、普遍的にどこにでも見られた身近な昆虫でした。しかし現在は一般的にはあまり見かけない昆虫であり、若い人では名前自体を知らない人も大勢います。それは昭和の中頃になって住宅事情が改善されたことと、トコジラミ駆除に効果的な殺虫剤が広く一般的になったことなどによって、トコジラミが減ったためです。しかしそんなトコジラミですが、今もってその被害は存在しています。現在においては主に海外からの旅行者によって持ち込まれるという新しい侵入ケースがあり、特にそうした観光客の泊まるホテルや旅館などの一室でトコジラミの被害は頻発しています。海外からの旅行者数が右肩上がりに増えている現状にあって、今後もこうしたケースは増えていくと予測されます。

トコジラミの駆除注意点

トコジラミに咬まれた場合、痒みは咬まれた二日目以降に強まり1〜2週間は跡が消えません。現状において感染症などのリスクは報告されていないものの、毎日睡眠中に咬まれていたのでは、ゆっくり寝ていることはできません。場合によっては不眠症になりかねないので、一刻も早いトコジラミ駆除が求められます。トコジラミ駆除に用いる殺虫剤は市販されているので、誰でも手に入ります。しかし現場の室内の状況や被害の規模によっては、完全な駆除が難しい場合もあります。またトコジラミは小さく更に狭い場所に沢山潜んでいるため、完全に駆除しないとすぐに増えてしまいます。そうした危険性を減らすためには、トコジラミ駆除を専門とする業者に依頼するのが確実です。

このエントリーをはてなブックマークに追加